それぞれの特徴を理解しておく

男女

これから、フロアコーティングをしたい場合には、それぞれの種類を比較しておくことが必要になります。もし本格的にフロアコーティングをしたいならば、それぞれの種類の特徴をよく知っておき選ぶ基準とすると良いでしょう。まず、最近人気があるのがUVになります。これは、表面が硬くなるのは非常に早いため、比較的短期間で床の上を歩くことができます。しかも、長期間光沢が出るため、見た目も非常にきれいです。それほど定期的に掃除する必要はありませんが、たまに布などで磨いてあげるとピカピカの状態を維持することができるでしょう。小さな子供や老人がいる場合には、床の上で滑って転ぶ可能性もありますが、滑り止め機能も付いているため安心できます。ちなみに耐用年数は20年以上とされており、かなり長い間塗り直しをしなくてもよいのがポイントです。費用に関しては、30平方メートル当たりおよそ20万円ほどです。二つ目は、シリコン系のフロアコーティングも魅力的です。シリコン系のフロアコーティングの特徴は、耐用年数は10年から20年ほどになっています。その代わり、料金はUVと比較しても安く30平方メートル当たりで15万円ほどになります。ナチュラルな美しさを出したい場合には、シリコン系を使うことで自然な美しさを維持することが可能になります。床暖房などにも強いため、これから床暖房を入れたい場合にはシリコン系を利用すると良いでしょう。

どのような目的で利用するか

部屋

フロアコーティングを比較する場合、それぞれ利用目的が違います。利用目的の一つは、見た目をきれいにすることがあげられるでしょう。部屋の中に入って瞬間、床が光沢でまぶしかったとすればそれだけでモチベーションが上がる人も少なくありません。やはり、人間はきれいな空間で暮らすことに対して魅力を感じていますので、もし少しでもきれいな部屋で過ごしたい場合には、一度コーティングをすると良いです。結果的に満足度の高い住宅になりえるでしょう。

床を頑丈にする

空き部屋

フロアコーティングの比較において、重要になるのはその硬さになります。硬さは、やはりある程度硬い方が安心できるでしょう。よく、床などに物を落としてしまい 3ミリぐらいへこましてしまうこともあるかもしれません。ですが、コーティングをしておけばその分だけ頑丈になりますので、傷が付く心配は少なくなるでしょう。そのため、早い段階でコーティングをしておくことが重要になります。ただ、種類によっては割れてしまうものもありますので事前に確認しておかなければいけません。

広告募集中